新型コロナウイルスワクチンの接種が進められてきましたが、ここにきて、ワクチンの供給に滞りがみられるようです。オリンピック・パラリンピックの開催も間近になり、各地で聖火リレーが行われています。観客を入れて開催するかどうかに注目が集まっています。

さて、今年は高級メロンの価格がお安くなっているそうです。この現象にも新型コロナウイルスが関係しています。飲食店の営業が制限されるなか、食品の流通に問題が生じているようで、特にホテルなどで扱っている高級牛肉や、ケーキやデザートに使用される高級メロンは、値段が下落しているそうです。

メロンの名前にもいろいろあるようです。高級メロンの一つであるマスクメロンはもともと、ムスク(麝香)のような良い香りのするメロンの意味から名づけられたとのことです。ちなみにマスクメロンの正式名称はアールス・フェボリットで伯爵のお気に入りという意味が付いているそうです。

また、アンデスメロンの名前の由来は、アンデス地方に関係するのではなく、安定した甘さがあったことから、神奈川県のサカタのタネによって1977年に命名されました。安定した甘さと栽培のしやすさは、生産者にとって安心、消費者にとっても購入する時に安心、業者にとっても本品を扱って安心であり、「安心です」から、アンデスメロンの名前がついたそうです。